健康と散歩

            

                            健康 散歩

スポンサー ドリンク

 
 健康づくりの気ままな散歩

 会社と家の往復で 気がついて見ると健康が気になる50代
 住んでいる町の散歩や好きな釣り・食べること・
 知りたいこと気ままな散歩して紹介していきたいと思ってます。

 
門扉の花に来た蝶
 
       年令も50代になってくると 最近よく健康のことを考えます。  
       たまに子供とキャッチボールしたり 山への散歩したりすると 
       ちょと休憩を繰り返している 身体に無理が利かなくなっている 
       自分にふっと気が付くのです。 
 
       気持ちは若いつもりでいるんだけど身体は正直だなぁ! 
       それに今じゃ老眼鏡を掛けなきゃ新聞もまともに読めやしないし情けなくなる 
       いつの間にか子供達も大きくなって親と行動を共にすることも少なくなった 
       少し寂しい気持ちにもなる。 
 
       子離れしなくちゃと自分に言い聞かせて、気ままな散歩を始めた 
       健康でなければ 自分の行動もままならない。 
 
 
       数年前に他界した父親のことを思い出します 脳梗塞で歩行が困難になり 
       家に閉じこもり外に出るのは病院へ行く時だけ、母と妻が面倒を見てましたが 
       いつしか歩行も出来なくなり寝たきり 痴呆の症状出始め 我がままを母に 
       ぶつけたりと家族巻き込んでの介護の日々が続き 母が介護疲れで
       父と母が同じ病院で入院なんてこともありました。  
  
       完全看護の看板を掛けてる病院でも24時間付き添いが必要と言われれば 
       仕事から帰って食事をして 妻と交代で病院に行き病院から出勤と言うことも 
       ありました でも今思えば私なんかは仕事を口実に日々の介護手伝いから 
       逃げていたことも多かったと反省してます。 
  
       母・妻そして3人の子供達も同じ屋根の下でいろんな不自由をさせてしまった  
       でも子供達も交代で食事の介添えをしたりと手伝ってくれたのことが 
       良い思い出になってます。
        今は父母とも他界してしまいましたが 親の介護と自分達の老後は避けて
        とおれない道なんですね。 
  
       ある日、病院の前を通りかかると次男が 「ひさしぶりやな」とつぶやいた 
       この一言に、この子は生まれた時から母親に連れられて病院に来るのが 
       日課だったんだ・・  
  
        娘は、今 看護学校に行ってますが お父さんお母さんが歳をとって動けなく 
        なったら誰が面倒みるんやなんて 生意気なこと言ってます。 
   
       体力を考えながらの生活が もうじき始まる50代の終わり 子供達もいつの間にか 
       親離れが始まった 親はそんなふうに思わないのに・・・・ 
 
       寝たきりの老後なんて 考えられないし考えたくもないけど 
       「老後に子供達に世話になるなんて 絶対無い」といってた頑固な父も 
       10年近くも入退院の繰返し 家での介護が必要だった。 
 
  
       自分なりの健康づくりを始めようと思い始めて きままな散歩を始めた 
       自分では今まで知らなかった住んでいる町のこと 好きな魚釣りこと 
       食べること 疑問に思うこと 健康のことなどを「団塊の世代」言われる 
       年代の私もホームページを作って 書いてみようと思い立った。 
  
       私の思ったままに書いてますので 読みづらい箇所・間違いもあると 
       思いますが これからも気長につきあってください。 
  
       病気になったら 誰でも健康のことを真剣に考えると思うけど 日頃から 
       自分なりの無理のない健康づくりを実行したら良いかもね。 
  
      
健康と気ままな散歩
☆ TOPページ
☆ 犬とお散歩
☆大仏さんの秘密
☆大和川の付け替え
☆ 山沿いの散策
☆ 海釣り
☆マス釣り
☆ 川釣り
☆ 手作り酵素
☆ ゴーヤ
☆ 酒の肴
☆ 森林浴
☆ 日光浴〜岩盤浴
☆ 地名の由来
☆ 信貴山城跡を訪ねて
温暖化とビル緑化
花園ラグビー場
☆ プロフィール 
LINK集
★ お買い物コーナー 
Copyright (C) 健康と気ままな散歩 All Rights Reserved [PR]健康と食材 柏原デイサ−ビスなでしこ