ダイエット食品あれこれ

 
ダイエット方法 あれこれ     
TOPページ 水ダイエット 料理食材ダイエット 豆乳ダイエット 美腰ダイエット 便秘の解消法
                 

  食事で始める健康ダイエット

ダイエットを始めようと思っても何から始めたら
よいかわからないと思います。
急激に食生活に制限をしたり、同じく急に激しい運動を
するのもなかなか続けられず、いい方法と思えません。
 
そこで、簡単に始めることのできるダイエット法をここに紹介します。
 
まず毎日の食事の調理の仕方を振り返り、ダイエットを意識した方法に見直して
みてはどうでしょうか。
 
ダイエットに効果的な調理器具というものもあり、それは電子レンジ、グリル、
そしてフッ素樹脂加工のフライパンなどでカロリーをセーブするといいでしょう。
 
調理方法は、蒸す、焼く、煮る、炒める、最後に揚げるという順番がカロリーが
高くなる調理法なので、この低いほうで調理して摂取エネルギーを
抑えることもできるでしょう。
 
・材料を焼くのであれば、グリルを使えば余計な油が落とせます。また煮るときは
 アクを取るようにするといいでしょう。
・炒め物のときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を省くようにし、揚げ物の
 ときは衣を薄くし、油はよく切った上にキッチンペーパーなどで吸い取りましょう。
 
・ダイエットを簡単に始められる調理は、このように工夫するとともに食事日記を
 つけることも大切です。

 
食事日記はダイエットの意識付けになるように食事内容や時間、状況などを
記録する程度のもので充分にダイエットには役に立つはずです。
 
こんな食事日記をつけることで、毎日の食生活を見直すこともでき、ダイエット中
としてよく内面などにも気づくこともできるでしょう。
 
ダイエットも続けていれば習慣になるものなので、日記もひとつの習慣にして
進めていけばいいのです。

  ダイエット食材

調理の仕方の工夫をしながらダイエットは、その食事を作る食材の工夫も大切です。
 
肉の場合はその部位によってカロリーが違うということを頭に入れ、カロリー低めの
場所を選ぶようにしましょう。
 
鶏肉ならささみが最もカロリーが低く、次にむね肉、そしてもも肉となり、
牛肉と豚肉はもも肉から、ヒレ、ロース、カルビ、そして最後にバラという順で
カロリーが高くなります。

 
カロリーが高い肉は、見ただけでも脂身があるのがわかるものですね。
ダイエットのためには、脂身の部分を取ってから調理すると、カロリーを抑えられます。
 
野菜はローカロリーでビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、食事には
どんどん摂り入れていきたいものです。
加熱をするとかさが減りますので、ダイエット時には調理方法を工夫すれば
かなりの量を摂取することができます。

 
大豆や大豆加工製品には、良質のたんぱく質がたくさん含まれており、大豆の
イソフラボンが作用して肌荒れ防止や体調を整えるのに役立つので、ダイエットには
最適の食材といえるでしょう。
 
低カロリーで鉄分やミネラルなどを含んで、食物繊維も豊富な
海藻、こんにゃく、きのこなども利用するといいでしょう。
又骨付き肉や丸ごと1匹の魚だと見た目のボリュームがあり食べるのにも時間が
かかるのでゆっくりと食事をすることができます。
 
ダイエット中には、どんな食材を使い、どのように工夫するかで効果が倍増するのです。
どのようなな食材がダイエットに適しているかをきちんと頭に入れて、毎日の食事に
摂り入れていくといいですね。

  ダイエットと献立

食事を低カロリーに抑えながら、さらに栄養バランスも考えたものにすることは、 
ダイエットを進める上で大切ですが、それが毎日3度3度となると、
結構大変ですね。

ダイエット中の食事の献立を決めるうえでは次のような点に注意しましょう。
 
・ おかずは一人分ずつ盛り付けることで、決まった量を食べることになり
  食べすぎを防ぎます。
 
・ 味付けは薄味にし、そうすることでご飯の食べすぎを防ぎます。
  薄味をおいしく食べるためには、ハーブやスパイスなどを上手に使うといいでしょう。
 
・ スープなどの汁物を一品にすることも、ダイエットには効果的です。
  スープなどの汁物は、満腹感を得やすく、低カロリー食品を使ってダイエット用の
  スープをいつも用意するといいでしょう。

 
満腹感を早く感じることができることから、やわらかいものよりもしっかりかめるものが
ダイエットにはいいので、おかずは歯ごたえのある材料を使うようにしましょう。
 
ご飯やおかずなどがバランスよく食べられるように、ご飯やおかず、汁物などが
少しずつ組み合わさるような献立をたてるようにしましょう。
 
丼物にするときには小さめのどんぶりにして自分がいつも食べる量のご飯をお茶碗で
計って入れるようにします。
 
ダイエット時の献立は、1日30品目を目標に豆類・乾物類などを意識的に摂るように
して色々な食材を毎日の献立に取り入れることがダイエット中の食事のポイントです。
 
このようなことを頭に入れて、ダイエットのための食事を摂るようにすると、
無理の少ない健康的なダイエットになります。
 

  ダイエットと食事方法

ダイエットをする際に一番大切なことは、1日の食事の摂り方を
真っ先に考える。
 
では具体的のどのように食事を工夫したらよいのでしょうか。
 
・ ダイエット時には第一に砂糖と脂肪を一緒に摂らないことです。
  砂糖を摂るとインシュリンの分泌が活発になります。
  そうすると体脂肪がどんどん体にたまってしまいます。
 
・ ダイエットするなら食後の甘いものは控え、ソフトドリンクなども避けましょう。
・ ダイエット中でも食事はきちんと3食摂るということです。
  ただし
その割合は朝2、昼3、夕1がベストです。
 

1日の食事の中で朝食の役割は大切です。
体にエンジンをかけるもので、もし朝食を抜いてしまうと、なかなか体温が
上がらず血流が悪くなり脳細胞の動きが鈍くなってしまうのです。
ダイエット時には朝ごはんは、たんぱく質を摂るメニューにするのがおすすめです。

 
お昼ごはんはバランスの良い食事をしっかりと摂る必要があります。
ダイエット中の人は1日のうちで昼食で一番エネルギーを摂った方が良いのです。
メニューはカロリーの高いものよりも和定食などのバランスの良い食事がおすすめです。
ダイエット中は洋食よりも和食が良いようです。

 
夕食のメニューは野菜やたんぱく質を中心にして、脂肪を極力避けたメニューに
するようにしましょう。脂肪は夜眠っている間に最も活発に蓄積されるからです。
夕食は1日のうちで一番軽めにするようにしましょう。

 
夕食後に運動をすることはダイエットをしている人におすすめです。
インシュリンの分泌を抑制する効果があるのが食事の後の運動なのです。
是非毎日続けましょう。
 
夕食後の軽い運動を取り入れながら、食事の摂り方のポイントを参考にして
しっかりと栄養も摂ることのできるダイエットをしたいものです。
 
Copyright © 2009 ダイエット食品あれこれ All rights reserved. 健康と食材